Infection

病院

新型コロナ・その感染症の診療について

不必要な医療を減らし、治療が本当に必要な症例を適切に医療につなげるためにご理解お願いいたします。

■ 新型コロナウイルスの診察・検査は行っておりません。

当院では来院されるほとんどの方が重症化リスクの高い糖尿病をお持ちのため、院内での新型コロナウイルスの診察・検査は行っておりません

​*飛沫が発生するインフルエンザ・溶連菌などの検査も原則実施しません。

​*通常の発熱等の診察・処方は自家用車内、あるいは隔離スペースで行います。

​■ 風邪・胃腸炎について

風邪や胃腸炎のほとんどは何らかのウイルスが原因です。ウイルス感染症では初日に悪寒や発熱が出現したあと、2-3日目をピークに咽頭痛、鼻汁、吐き気、下痢などが続き、しっかりと保温・安静を摂ることで5-7日目には自然軽快します。

このウイルスを退治する(風邪や胃腸炎を早く治す、周囲へうつさないようにする)薬は存在しません

これらの症状は体が病原体と戦う(体から排除する、将来に備えて免役を獲得する)ために引き起こされる防衛反応ですので、表面的な症状をごまかすだけの安易な風邪薬や下痢止めなどの使用はかえって不利益を生じる可能性が高まります。薬(風邪薬については市販薬も処方薬も効果は全く同じです)の費用・副作用も心配です。

「風邪をひいた」と感じたらすぐに受診される方がおられますが、「いつもの風邪をひいたかも。水分も睡眠もとれるけれど一応薬でも飲んでおくか」ぐらいの症状の時は薬は使わずにできるだけしっかり体を温めて、十分な睡眠をとることが一番重要で、対応が早ければ一晩で楽になることもよくあります。

また発熱のみでほとんどその他の症状がない状況ですぐに受診される方もおられますが、発熱だけでは診断は困難であり、新型コロナウイルスの検査対象にもなりません。発熱は侵入しようとするウイルスや細菌などに対する免疫反応にスイッチが入ったサインでもあるので、しっかりと睡眠・水分を摂って経過を観ていただくようにお願いいたします。

参考:​https://armkyo.at.webry.info/202011/article_2.html

市販の解熱剤や総合感冒薬は病院で処方されるものと効果は変わらず、これらを購入した場合には医療費控除の対象になりますのでご検討ください(風邪薬の使用をお勧めしている訳ではありません)。

■ 以下の場合は医療機関・相談センターに電話相談してください。

1:いつもの風邪・胃腸炎ではない気がする

・鼻水はないが、喉(特に片側だけ)が異常に痛くで唾液も飲み込みにくい。

・鏡で観ると扁桃腺が赤く腫れて、白い膿のようなものがついている。

・息苦しさが強い、咳が喉からというよりも肺の方からでているよう。

・3-4日間しっかり安静にしていたが改善傾向なく、むしろ悪化している。

・吐き気が強くて水分が摂れない、腹痛・下痢がひどい。  など

2:新型コロナに感染した可能性が高い

・コロナ陽性者と明らかな濃厚接触あり。

・クラスターと認定された空間にいた。

・味覚、嗅覚障害がある。     など

​ホーム

お知らせ

活動報告

​ごあいさつ

​感染症

アクセス

​医院概要

お問合せ

リンク集

問診票